アイリスオーヤマのサーキュレーターが扇風機としても使えて便利 | ゆうじゅうふだん ろぐ

アイリスオーヤマのサーキュレーターが扇風機としても使えて便利

きなこ

サーキュレーターをヘビロテしているきなこです。

エアコンと併用してエアコンの空気を循環させたいと思って買ったサーキュレーターが、それ以外の用途にも使えてとても便利だったので紹介します。

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-SC15

扇風機代わりになる

アイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-SC15」は風量を弱くすることができ、ずばり扇風機としても使うこともできます。

私がたくさんのサーキュレーターから「PCF-SC15」を選んだ理由のひとつがこれでした。実際どうなんだろうと不安もありましたが、本当に扇風機のように使えてます!

冷房をつけるほどでもないけど暑い日や夜寝るときなど、扇風機が欲しくなるときありますよね。

一般にはサーキュレーターと扇風機は役割の違いから機能も異なるため、どちらも代用はできないと言われていました。

サーキュレーターは空気を循環させるために強い空気を出すもの。扇風機は直接身体に当てて涼しく感じるレベルのそよ風を出すもの。

風量調節ができないサーキュレーターの場合は空気を循環させるための強い風しか出せないので、身体に直接風を当て続けると害があるようです。

しかし、アイリスイーヤマの「PCF-SC15」なら扇風機の代用になります!風量を5段階に調節でき、風量1~2であれば扇風機のような弱い風を出すことができるからです。

扇風機の風量が3段階調節(弱・中・強)だとすると、「PCF-SC15」の風量1は扇風機の弱、風量2は扇風機の中といったかんじ。冷房は必要ないけど風がほしいときは風量1、暑いけど冷房つけたくない(寝るときや外出前など)は風量2をつける、といった使い分けができます。

音量はどのぐらいなのかというと、風量1だと音も弱く扇風機の弱と同程度、風量2だと扇風機の強ぐらいです。風量1はほとんど音が聞こえないレベルで、風量2だと音はしますが気に障ることなく夜寝れるレベルです。

きなこ

「PCF-SC15」は扇風機ほど背は高くないので、

ベッドで寝るときは「PCF-SC15」の梱包箱の上に本体を置いて扇風機ぐらいの高さになるようにしてます。

洗濯物を早く乾かせる

サーキュレーター「PCF-SC15」のパワフルな風で洗濯物が乾くまでの時間を短縮することができます。扇風機のような弱い風だけでなくパワフルな風も出せることは扇風機にはない特徴ですね。

早く乾かせることの最大のメリットは、臭くなる前に乾かせること!

部屋干しって臭くなりやすいですよね。特に手洗いしたものは脱水が弱いため部屋干しすると余計乾くのが遅くなり、臭くなりやすい。

洗濯物が一晩経っても乾かなかったときの匂い嗅いだことありますか?あれ、強烈すぎません??

でも、サーキュレーター「PCF-SC15」の風量を5段階中の5にして洗濯物に当てておくとそんなことは心配無用です。

衣類の大きさや素材にもよりますが、洗濯機で脱水したものは1時間、手洗いしたものは4時間程度で乾きます。手洗いしたものがこんなに早く乾かせるなんてすごくないですか??

きなこ

私は手洗いした下着の乾燥に使ってます。

しかもしかも、「PCF-SC15」は切タイマーつき。切タイマーを1・2・4時間の3パターンで設定できます。

外出前に部屋干しして「PCF-SC15」を稼働させてタイマーかけておくと、帰宅したとき洗濯物は乾いてるし無駄な電気代も抑えられる、なんてことも可能なのです♪

きなこ

めちゃくちゃ便利なのだー!

まとめ

この記事では、アイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-SC15」を実際に使ってみてわかったことを書きました。

「PCF-SC15」はエアコンの効果を高められるだけでなく、扇風機にもなり部屋干しを速乾できるという、1台で3役のサーキュレーターです。

便利なサーキュレーターを探している方にはとてもおすすめです。